読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mocoのすくつ

主にDota2のブログ(現在やってるゲームのブログ)。

【Dota2】DarkMoon攻略2

Dota2

f:id:moco7800:20170203002452j:plain

基本知識

①エンシェントを壊される、全員死亡で負け。バイバックが残っていても負け。

②ラウンド終了時に全回復(タワーも含め)だが、ラウンド終了までリスポンなし。

③15ラウンド戦う。ラウンドごとにインターバルがありCDが解除できる。

バイバックは普通通り7分なので大事に使おう。

⑤shrineを一人で使うと怒られる。

 

最初にmeleeは盾を買う。スキルを大量に使うならマナポ1~3個ぐらい。

使わない? そんなヒーローいねぇよ。

レンジは靴があると便利(敵を引き連れてタワーで削れる)

 

・ラウンド1(狼)

特に気にせずに範囲スキルを撃てばいい。持ってない奴はお荷物だからタワーの周りを回って削れ。

でかい狼はそのレベルのスキルで一撃じゃないので、周りの小さい奴を倒す。その後は攻撃したりタワーの援護射撃で倒す。

 

・ラウンド2(ダズル)

回復モーションは長いので、構えたらスキルで一気に倒すか離れる。

多少のダメージは無駄なので2人グループで戦う方がいいと思う。

 

・ラウンド3(nyx)

スタン避けるだけ。ここで死ぬならスキル優先でなくパッシブ上げのカスがいると思う。

 

・ラウンド4(Morp)

ラウンド1と同じ、スキルでまとめて倒し、でかいのは生き残るでタワーと一緒に削る。

ただし敵がレンジなので逃げ遅れて死んだりする。
あとでかいモーフはスキルを使ってくるが普通に痛いので注意。

 

・ボーナス5(鶏)

dotダメージが強い。

特に強いのはスナだと思う。

あと移動を封じるスキルは普通に決まるので稼げる。

追いかけるのに夢中になるあまり、出たお金を拾わない奴がいるので拾おう。

 

・ラウンド6(Warlock)

Warlockから狙う。なのでレンジが強いラウンドだと思う。

ここはタンクが機能しないとあっという間に押し込まれる。

メレーはBF作って範囲攻撃できないとゴミ。

 

・ラウンド7(ゾンビ)

敵がとでも多いので範囲攻撃できないとゴミ。
接近して殴ると囲まれて連打で即死する。

先頭のゾンビを即座に倒していくぐらいの火力がないと厳しいので、団体行動必須。
タワーのアーマーボーナスが普通においしいラウンドなので、タワー下で戦いたい。

何気にミダスの対象がいないラウンド。

 

・ラウンド8(クンカ、タイド)

スタンが非常に多いので避けろ。

あと火力が足りないと敵がスタックし、スタン祭りで壊滅する。

敵の火力は低いのでshrineで回復すればかなり安定する。あとジャガノの回復ワード。

 

・ラウンド9(投石器)

投石器を破壊しないと無限に敵は出る。投石は痛い(当たり前)ので避ける。

団体行動必須で2グループに分かれるぐらいがいい。

ここはタンクが機能しても死ぬラウンド(タンクは突っ込むことになるが後方に投石されたり、雑魚がレンジヒーローを囲む)。

 

・ボーナス10(鶏)

中央の通路に固まって攻撃役と回収担当に分かれる。

基本的にレンジが攻撃。

 

・ラウンド11(ナイトストーカー)

特にない。たぶん負けることはない。

一応だが、レンジは離れておく(ブラックホール対策)。

 

・ラウンド12(ミラナ、ルナ)

矢に注意する。

通常攻撃の火力は高くなく、HP吸収攻撃も1つもあれば削られない。

 

・ラウンド13(アルケミ)

団体行動必須。相手の回復が凄まじい。

スタンのカウントに注意する。

Bloodthornがあるとスキルを封じ、クリティカルを出し、追加ダメージも与える。

毒沼がアホみたいに痛いので注意。

タンクが機能しないと死ぬラウンドだが火力が低くても死ぬ。

 

・ラウンド14(テッキーズ)

小さい奴は地雷を埋めるが、突っ込むと凄まじいダメージで死ぬのでレンジが処理する。

でかい奴は自爆してくる。凄まじいダメージなので避けるかBKBで回避する。

2回自爆するとセルフダメージで自滅するので耐久が高い奴は正義。

 

・ラウンド15(インヴォ―カ)

まず雑魚が3人来るので固まって各個撃破する。

最終ボスが真ん中に発生するので、全員が準備完了する(バイバックとか)。

囲んで殴る。

以上

 

まとめ

①最初はタワーの下で戦い、雑魚はAoEで倒しでかいのはタワーと一緒に倒す

②途中から2グループに分かれ、その団体を素早く倒して移動するスタイルがいい

③金は拾う、特に鶏を追うあまりに拾わないのはNG

④オーラアイテムはちゃんと買う前に購入することを報告する